【遊興亭福し満:独演会のご案内】(ガード下学会員)

(その一)

日時:12月24日(日) 13:30開場・14:00開演

場所:桜神宮「神習会館」(世田谷区新町3-21-3 最寄駅は東急田園都市線「桜新町」)

木戸銭:2000円 定員:50名(予約優先入場)

演目:「鰍沢」「芝浜」

予約は:090-3223-7016 e-mail:yukyotei@flute.ocn.ne.jp

 

(その二)

日時:1月7日(日) 13:00開場・13:30開演

場所:gallery yururi (目黒区緑ヶ丘2-7-13 最寄駅は「自由が丘」)

木戸銭:2000円 定員:20名(予約が定員に達し次第締切り)

予約は:03-3717-4516 e-mail:midoriyururi@eos.ocn.ne.jp

 

 

 

 

【11月のまち歩き"横須賀"のご案内】

 

●日にち 11月18日(土)雨天決行

●集合場所 JR横須賀線:横須賀駅改札前

●集合時間 12時30分

●解散場所 京浜急行:横須賀中央駅

 

★まち歩きルート★

JR横須賀駅→ヴェルニー公園→どぶ板通り→横須賀ベース正門→聖ヨゼフ病院→記念艦三笠→mikasaショッピングプラザ→上町商店街→明神社→龍本寺→若松マーケット→解散or一献酒場

 

◉集合場所と解散場所の「駅」が違います。お間違えにならないようご注意ください。 

◉参加される方は、まち歩きまで参加か、一献まで参加かを明記の上、

山本( yama.design316@gmail.com )までご連絡ください。

◉当日の緊急連絡先は山本( 080-1298-1294 )、大竹( 090-6036-1892 )です。 

 

 

  

 

【まち歩きジャーナル11号が刊行されました】

 

●今回から、本文の文字サイズを少し大きくしたことと、番外編の連句特集が加わり、総80ページのボリュームとなりました。

●手渡しのメディア」でもありますので、皆さんから、周りの方へご紹介いただけると助かります。

●定価は1冊500円ですが、ガード下学会メンバー割引で300円(送料別)となります。●送料は、1~4冊までは、180円(スマートレター)。5冊以上は360円(レターパックライト)となります。

●購入される方は、omakoto@izu.jpへご連絡ください。

 

冊子の受け取りが、9月30日の「松戸ツアー」で良い方は、送料は要りません。お買い上げの部数など、ご連絡ください。

 

 

  

【最新のコラムに「歌仙:お富士」が掲載されました!】

 7月のSwing連句会に触発されて、こんなパソコン連句を試みました。ご笑覧頂ければ幸いと存じます。 池田正勝+仙洞田伸一+大竹誠

上部メニューバー内の「最新のコラム」をクリック!

  

 

【9月のまち歩きのご案内】

梅雨が戻ったようなお盆休みとなり、その後、また夏が戻ったお天気となりましたが、みなさまお変わりありませんか。

久しぶりのまち歩きとなります。今回は「“松戸”遠足」です。

 

■ 松戸在住の鄙里沙織(アーティスト)さんと、「まち歩きジャーナル」の表紙を描く広瀬摩紀さんがお薦めのコースを歩きます。サプライズがあるかもしれません。

 

● 日程:9月30日(土曜日)小雨決行。

●集合場所:JR松戸駅中央改札口前

●集合時間:13時

●コース:皮切りは、古民家を改造した「松戸探検隊・ひみつ堂」~~平潟遊郭の名残~その界隈(元宿場町、坂川沿いの街)の散策~戸定ヶ丘(戸定邸見学)など。

●安くて美味しい焼き肉店にて一献。

 

●参加される方は(散策まで、一献までか)を山本(yama.design316@gmail.com)までご連絡ください。

●当日の緊急連絡は、山本(080-1298-1294)、大竹(090―6036―1892)まで。奮ってご参加ください。

 

 

【10月はまち歩き+連句会をやりましょう】

新旧混在する銀座の路地を歩き、その後で連句にチャレンジです。これまでの2回の句会を仕切っていただいた坂手美保子さんの「お捌き」です。

 

●日程:10月21日(土曜日)小雨決行。

●集合場所:銀座4丁目交差点「和光ビル」入口

●集合時間:10時30分(2時間ほど路地を散策。その後、近くで昼食~中央区の区民施設で連句会)

●連句会の後、近くで一献。

 

●参加される方は(散策まで、一献までか)を山本(yama.design316@gmail.com)までご連絡ください。

●当日の緊急連絡は、山本(080-1298-1294)、大竹(090―6036―1892)まで。奮ってご参加ください。

 

 

 

 

【ジャーナル11号寄稿の小野さん パフォーマンス!】

【クレール・グランジェ 広瀬摩紀 2人展】

“Aux Passants 通りすがりの君へ”

2017年7月8日(土)~13日(木)

12時~19時(最終日は17時まで)

 

OCO GALLERY

〒151-0063 渋谷区富ヶ谷1-8-2

tel:03-6804-8081

info@ocogallery.jp

http://ocogallery.jp/home.html

 

このギャラリーは渋谷区富ヶ谷にありますが、この界隈は最近面白いお店があり、

ギャラリーまでの道には「暇を欠く店」と筆で大胆に書いてある看板が目印の

クッキー工房(入ったことないので本当に暇を欠いているかは分かりません)があったり、

美味しいパン屋さんがあったり、私が夏に訪れるポルトガル料理のお店もあります。

 

作品は、私の方は街中で見かけた人などを多く描いており、

クレールの方は、文様のような抽象画です。

私たちは全く作風が違いますが、それも面白いのではないかと思っています。

 

広瀬摩紀

 

 

  

 

【まち歩きジャーナル⑪号への寄稿のお知らせ】

 

みなさんの寄稿によって『まち歩きジャーナル』は、⑩号まで来ることができました。次号⑪もよろしくお願いします。

 

締め切りは、7月末。8月中に編集+DTP作業を終え、9月に発行したいです。

原稿、写真、イラストなどなどお寄せください。ページ買い取り費用は1ページ1500円。著者にはページ3冊の献本をさせてください。

 

原稿類のデータは、「omakoto@izu.jp」(おおたけのパソコン)までお願いします。レイアウト・デザインはこちらでやりますので、テキストファイルでお送りください。なお、写真やイラストに関しては、DTP段階で、編集・デザインの山本さん(「yama.design316@gmail.com」)へ再度、送っていただくこともあります。ご面倒をおかけしますが、その時はよろしくお願いします。

2017626日 大竹誠

 

 

 

【7月のまち歩きのご案内】

 

 

●“題して、「お富士山」参りと、十条の商店街巡り、連句に挑戦”(子規庵句会参加の西川さんのコーディネートです)

 

次回のまち歩きは7月早々となります。以下の要領です。

・ 日程:7月1日(土曜日)、雨天決行。

・ 集合場所:「JR東十条駅」南口改札前

・ 集合時間:13時00分

・ コース:「お富士山」(年一のお祭り日)〜篠原演芸場通り〜十条駅界隈の商店街や路地〜15時にレトロ喫茶店「Swing」

・ 暑いさなかですので、2時間ぐらいの散策としました。

 

 

・ 日程:7月1日(土曜日)、雨天決行。
・ 集合場所:「JR東十条駅」南口改札前
・ 集合時間:13時00分
・ コース:「お富士山」(年一のお祭り日)〜篠原演芸場通り〜十条駅界隈の商店街や路地〜15時にレトロ喫茶店「Swing」
 暑いさなかですので、2時間ぐらいの散策としました。

 

◆ 15時から、2時間ほどレトロな喫茶店「Swing」にて、連句に初挑戦となります。コーヒーを注文したり、お腹が減った方は、遅めのお昼もできます。連句のご指導を佛渕雀羅(ほとけぶち じゃくら)さんします。全員初心者としてお願いしてあります。「街頭連句」なるものもあるそうですからチャレンジしてみましょう。なお、早めに参加をご連絡いただければ、「連句」の事例をコピーしてお送りします。俳句の「歳時記」など持っている方は、ご持参ください。

◆ 連句終了後、近くで「一献」となります。

 

●参加される方は、「連句会」の会場(コーヒーなど注文となります)と、「一献席」(2500円〜3000円ぐらいで)会場の予約をしますので、「連句会まで」、「一献席まで」の参加を分けて、6月28日までに、山本( yama.design316@gmail.com )までご連絡ください。

●当日の緊急連絡先は、山本( 080-1298-1294 )、大竹( 090-6036-1892)まで。

 

 

 

5月まち歩きのご案内:表参道界隈現代建築探訪

 

今回は、塩田さんがガイドの「表参道界隈現代建築探訪」となります。
●日程:5月27日(土曜日)。雨天決行です。
●集合場所:JR原宿駅を出た先の「神宮橋」
●集合時間:13時
●歩くコース:代々木体育館〜表参道(現代建築立ち寄り、昭和の集合住宅)〜骨董通り〜岡本太郎記念館〜根津美術館(ロビーのみ見学)〜みゆき通り〜コムデギャルソン
〜そして、居酒屋「中西」で一献となります。いつもの要領で、途中ショートカットもあります。(居酒屋「中西」は https://tabelog.com/tokyo/A1306/A130602/13203239/
参加される方は、山本( yama.design316@gmail.com )まで、ご連絡ください。
当日の緊急連絡先は、山本( 080-1298-1294 )、大竹( 090-6036-1892)まで。

 

 

 

【第4回湘南Vividアート】

 

第4回湘南Vividアートのご案内です。

●日時:2017 5/1~5/8 11:00~18:00(初日12時OPEN、最終日16時まで)

●会場:蔵前ギャラリー(藤沢駅から徒歩6分)

●会場住所:〒251-0052 藤沢市藤沢630-1

●電話番号:0466-25-9909

 

 

【 最新の遊歩(日誌)が更新されました 】

 

3月25日に行われた「錦糸町界隈まち歩き」の記録がアップされました。上部メニューバー内の最新の遊歩ボタンをクリックして、ご覧ください!

 

 

 

【まち歩きジャーナル10号が刊行されました】

今回も多くの原稿が記載されています。「表紙の目次」をご覧ください。

 

手渡しのメディアですので、ぜひ!購入して周りの皆さんにも宣伝をお願いします。ガード下学会の皆さんには下記の値段でお渡しします。

注文は: msugigoya@me.com か omakoto@izu.jp へお願いします(宛先なども)。

 

・  1冊:240円(定価400円)

・  送料は、1冊=140円   2~5冊=スマートレター便で180円   

5~15冊=レターパック便で360円   15~22冊=ゆうメール便で560円(袋代100円)   22~30冊=ゆうメール便で710円(袋代100円)です。

・  包装の中に、請求書を入れますので、お振込み(ゆうちょ銀行)の参考にしてください。

 

次号は7月末ごろ締め切りで進めたいと思います。ぜひ!投稿をお願いします。

 

                          大竹誠 友田修

 

 

 

【 3月 錦糸町界隈まち歩きご案内 】

12月以来となるまち歩きです。題して「錦糸町界隈ツアー」。

桜が見頃かもの季節、皆様、ふるってご参加ください。

 

●日程:3月25日(土曜日)。

●集合:12時、JR総武線錦糸町駅改札口前です。

●錦糸町にお住まいの伊藤忠温さんのガイド付きです。

 

●予定コース:JR錦糸町駅→猿江公園→横十間川親水公園→仙台堀川親水公園→小松川公園→荒川展望台と荒川スーパー堤防→大島防災公園→旧中川→亀戸中央公園→北十間川→スカイツリー(下を通るだけ)→大横川親水公園→中華料理店(ここで一献)→錦糸公園を経てJR錦糸町駅(当日の具合で、短縮になるかもしれません

●桜は猿江公園、亀戸中央公園と各親水公園にたくさん咲いていると思われます。

 

  • 雨天予報の時には、前日の天気予報で「翌日順延」か「中止」を決めることにします。
  • 参加される方は、山本( yama.design316@gmail.com )までご連絡ください。
  • 当日の緊急連絡は、山本(080-1298-1294)、大竹(090-6036-1892 )まで。

 

 

 

 

【 世田谷美術館 企画展のご案内 】

 

 

 

 

2017年【“新春”の句会のお知らせ】

 

“紙面・画面・地面カフェ”の第二弾として「新春句会」をやりましょう。とはいっても、ガード下学会らしく“ことばで遊ぶ”感じで。字あまり、怪しい季語など自由自在にやりましょう。

 

日程:1月21日(土曜日)、16時30分から19時まで。

場所:鶯谷駅近くの「子規庵」(16時30分までに来てください)

   子規庵(台東区根岸2の5の11:電話03-3876-8218)

1回目の句会同様、坂手美保子さんにリードしていただく予定です。

 

●  参加される方は、以下の「3句」ご用意ください。

●  兼題「1句」は新年の句。他に「当期雑詠」(1月とか冬季を感じながら)を2句ご用意ください。“ガード学会らしく”で構いませんので気楽に。

・  句会後、近くで一献(新年会を兼ねて)の予定です。

・  「子規庵」入場料500円と部屋を借りる費用(10,000円を参加者でシェアーします)がかかります。

●参加される方、(yama.design316@gmail.com(山本)までご連絡ください。

 

  

 

【12月 築地~月島まち歩きご案内、今後の予定】

 

【12月のまち歩きの案内】

今回は、2部構成です。第1部は、暮れの築地場外市場と波除神社をめぐり、その後、第2部に合流します。第2部は、月島で消えるかもしれない街区を巡ります。そして打ち上げは「月島もんじゃ」店。忘年会を兼ねてのツアーです。

日程:12月11日(日曜日)

集合時間:(第1部)は、12時に築地本願寺の外陣入り口あたり。(第2部)は、15時に月島都営大江戸線「月島駅」改札口前。ここで、月島のことを憂えている木内久美子さん(東工大の先生)と合流となります。第1部、第2部どちらからの参加でもかまいません。

 

歩くエリア:築地本願寺~築地場外市場(旨いものをつまみ食いしながら)~波除神社~勝鬨橋~月島(月島の街の一画が消えるらしいです)。「月島もんじゃ」店で“忘年会”を兼ねて一献の予定。

●  今回は、雨天決行といたします。雨予報の場合は雨具などご用意ください。

●   参加される方は:yama.design316@gmail.com(山本)までご連絡ください。当日の緊急連絡は:080-1298-1294(山本)、090-6036-1892(おおたけ)

 

 

 

 

【ZASHIKIギャラリー第13回企画展のおしらせ】

●彫刻家鄙里沙織(ひなさとさおり)さんの木彫インスタレーション「誰かさんの仕業」展を開催します。

●会期 10月8日(土)〜23日(日)[休館日は11日(火)12日(水)17日(月)18日(火)]です。
●10月16日(日)の午後は笠間出身のファゴット奏者、蛯澤亮さんの「おしゃべりコンサート」があります。まだ空席あります。予約受付中です(お問い合わせはポスター内のの連絡先をご参照ください)。  

 

 

 

【第2回「茶話会」のご案内】
《ヴィヴィッド・アートを鑑賞する》
「障がいを越えて」表現を楽しむアートスペース“フェースofワンダー”の仲間たちの手がけた作品と、書道家・井上有一の活動を紹介するDVD「大きな井上有一」を見ながら、ヴィヴィッドなアートの世界を雑談する。

日時:10月1日(土曜日)の13時から17時まで。
場所:千駄木の「記憶の蔵」
会費:無料(前回残ったの使用料でカバーします)

・「障がいを越えて」表現を楽しむ作品、ヴィヴィッドなアートの資料などあればご持参ください。
・飲み物、つまみなどご持参ください。

・「記憶の蔵」の地図です。

 
 

 

 

【目白・雑司ヶ谷まち歩き】

お待たせしました!次回まち歩きのご案内です!

7月に「茶話会」を入れましたので、5月以来のまち歩きです。

私(おおたけ)が子供時代遊び呆けた路地、雑司が谷鬼子母神など巡ります。ご参加ください。

  日時:918日(日曜日)

  集合時間・場所:13JR目白駅改札前

  遊歩エリア:目白駅〜自由学園(F.L.ライト設計の明日館:コーヒ付き入館料600円)〜目白・雑司が谷の路地〜千登世橋〜雑司が谷「鬼子母神」(縁日かも)。時間が許せば、雑司が谷霊園の墓巡りも可能です。

  台風が来る季節ですが、大雨でなければ決行しましょう。

  一献は鬼子母神近くの蕎麦屋かな。

参加される方は、山本浩輝(yama.design316@gmail.com)までご連絡ください。
当日の緊急連絡先:山本(080-1298-1294)、おおたけ(090-6036-1892)
 
 
 

【まち歩きジャーナル「9号」が刊行されました】

今回も多くの原稿が記載されています。「表紙の目次」をご覧ください。手渡しのメディアですので、ぜひ!購入して周りの皆さんにも宣伝をお願いします。ガード下学会の皆さんには下記の値段でお渡しします。注文は:msugigoya@me.com(大竹)へお願いします。宛先もお願いします。

●1冊:240円(定価400円)

● 送料は、1冊=140円  5冊=スマートレター便で180円  5〜15冊=レターパック便で360円  15~22冊=ゆうメール便で560円(袋代100円)  22~30冊=ゆうメール便で710円(袋代100円)です。

●包装の中に、請求書を入れますので、お振込み(ゆうちょ銀行)の参考にしてください。

次号は年末締め切りで、新春に発行予定です。ぜひ!投稿をお願いします。
                                 大竹誠 友田修

 

●さっそく、読者の方から書評も届いています!

(その1)『まち歩きジャーナル』09、ありがとうございます。コルビジェの美術館構想、面白くよみました。障害者の問題は、相模原事件を考えざるを得ず、それについて触れていないのは、ちょっと物足りませんでした。藤沢駅のペデストリアンデッキにはずいぶん惑わされました。一時期、藤沢遊行寺にゆくことが多く、しばしば藤沢には行きましたが、どこで降りると遊行寺への道につづくのかわからず、いっぺんで目指す道に行けたことはありませんでした。わかりにくいという点では、おそらく全国有数の建造物だろうと思います。20年ほど前は、大道芸とか路上ライブをやっている若者がいたのも思い出します。 まだ、目を通しきれていませんが、とりあえず感想まで。(K)

 

(その2):松村さんの映画のコメントは毎回おもしろいですね。 山本さんの「横須賀水道路」は町歩きというテーマのそったよい記事だと思います。 清水さん,大竹さんの「藤沢駅北口」は興味深い記事でした。人口造形の「ひりひり」さというのは語られるべき話題です。「地から離れた構造物」という、人口の設計された空間に焦点をあてられたのは慧眼でした。僕は広いコンクリ構造物のしたはコンクリ柱の森なのだろうとそちらも気になりました。ローマ人は何千年も前にアーチを活用して空に架けられた重量を分散着地させることをしましたが、いまの空中プラザなどはマテリアル過信というか大体コンクリ柱の林立だけで事をすませています。 次の関東大地震のときにそのしたにはいたくないです。 金子さん大竹さんの「障害」はタイムリーでありよい記事だったと思います。「障害はどっちだ」というおおみやしのぶさんの記事もよかったです。(H)

 

 (その3):私の世代にとってはなつかしい、「ゴールデン街」の話や、寺田氏の「ヘンリー・ミラー」の話、あるいは走辺氏の「死ぬ必要のない家」の話、清水さん、大竹さんの歩道橋への目線のこと、どれもこれもが「雑多」のゆたかさと面白さに満ちていいて知り合いにわけたい。プレゼンの土台が「足と歩き」の目線であること、がうれしい。(O)

 

 

 

<紙面・画面・地面カフェのご案内>

「ガード下学会」のまち歩きの別バージョンとして、【紙面・画面・地面カフェ】なるものを始めます。このタイトルは、長沼行太郎さんのコメントからの借用です。「読書」(ほかに句会、朗読)もしたり、「絵やデザイン」(落語、浪曲鑑賞ほか)見たり、「街を歩く」ことを通して、思考してゆこうというものです。「まち歩き」のあいだに時々加えて行きますので、是非是非ご参加ください。第一回目は、若手映画監督・神保慶政さんを迎えての下記の映写会です。よろしくお願いします。

 

映画会「僕はもうすぐ十一歳になる。」(神保慶政監督:2014/75分)

[あらすじ]

昆虫好きの少年・中村翔吾は母・香織と2 人で暮らしている。翔吾に昆虫採集を教えた父・徹はインドに単身赴任中である。

冬休みに入り、ひとりで黙々と昆虫採集を続ける翔吾はアメリカからの帰国子女・川上花音に弟子入りを懇願されて、昆虫採集や標本の作り方を教えるようになる。

年末、徹がインドから帰国してから、翔吾は大人たちの相矛盾する死生観に気付きはじめる。

徹はインドやブータンの価値観に影響され、昆虫の標本を作ることに疑問をおぼえていて、肉・魚を食べないようになっていた。

花音の母・陽子は昆虫標本を忌み嫌い、触りもしない。

翔吾の祖父・正は半年前に亡くなった妻・弥生の遺灰を人のように扱って話しかけている。

「死」とは何かと疑問に思いはじめた翔吾がとった大胆な行動とは・・・

 

◉9月3日(土曜日):13時30分〜16時

●場所のわからない方は、13:00に千代田線千駄木駅1番出口(地上)に集まってください。

●千駄木の「記憶の蔵」(千駄木5-17-3 団子坂を上がり、三河屋小林酒店を見て、右折→児童遊園・介護ステーション「きょうわ」の路地を入った先)

●会費:1500円(上映後、神保監督との意見交換あります)

●暑い最中です。ドリンクなど各自ご用意ください。

●  参加される方は、山本浩輝(yama.design316@gmail.com)までご連絡ください。当日の緊急連絡先:山本(080-1298-1294)、おおたけ(090-6036-1892)

●当日終了後、大塚モスクでも神保監督の「せんそうはしらない」上映会が17時から予定されています。なお、参加される女性はスカーフを持参し、半ズボンは不可です。

 

1日で2本の神保作品に出会えることになります。神保監督の情報は下記へ。

http://y-jimbo.com/index.html

●映写会の前には、千駄木3-25-2にある「古書ほうろう」を訪ねる予定です。当日は「谷中とリボンとある工場」という展覧会を12時から鑑賞予定です。こちらへの参加もご連絡ください。以下公式サイトへのリンクと案内図です。 http://nokoyane.com/

●また、11:15西日暮里駅改札口集合可能な方限定になりますが、リーズナブルで上手い蕎麦屋(田端の童心舎)でのランチ~リボン展~1:00千駄木駅~記憶の蔵も有ります。

  

 

 

<Tシャツ販売のおしらせ!>

ガード下学会のメンバーである鎌田さんが、Tシャツの制作販売をスタートしました。これは「おおさかフィールドワーク研究会(ガード下学会大阪ツアーの企画の際に結成)」のオフィシャルTシャツとロシア・アヴァンギャルドのビジュアルをアレンジしたTシャツで、さまざまな種類のTシャツがラインナップされています。下記公式サイトを是非ご覧ください。今後、ガード下学会でもオリジナルTシャツ(部Tのような)が作れると良いですね!

 

https://graphic.base.ec/

 

 

 
 
  
<第8回南信州フォーラム 参加おしらせ>

南信州といいだ自然エネルギーネット山法師「風の学舎(かぜのまなびや)」を訪ね
る3日間。2010年に始まった地域と都会の交流事業「南信州フォーラム」も今年で8回目を迎えます。第8回のテーマは「森と暮らしと芸術と」です。

<日時> 2016(平成28)年8 月19日(金)・20日(土)・21日(日) 2 泊3 日
<宿泊先>エコハウス「風の学舎」  長野県飯田市下久堅虎岩2235 
     HP= http://yamabousi.net/index.htm
<参加費>(東京出発の方)
     2 泊3 日 貸し切りバス(飯田への片道分)、食事代、宿泊費、飲み物代

 

 

     帰路交通費は別途。
     大人一人25,000 円  大学生以下学割あり23,000 円
<主催>
いいだ自然エネルギーネット山法師「風フォーラム」+南信州フォーラム実行     委員会

<お申し込み>
参加者20 人まで受け付けています。(先着順)
問い合わせ・お申し込みは、メールで、8 月5 日(金)までに。
ガード下学会の方は、長沼まで。
Email: kaze-forum@freeml.com

 

 

 

 

<茶話会ご報告>

●「谷根千」のメンバーが維持する千駄木の「記憶の蔵」での映画鑑賞+茶話会報告(718日)

 

ガード下学会8名、富士見坂の景観を守る会3名、フェースオブワンダー5名と記憶の蔵の山崎さんの参加で、「ニキフォル」のDVD鑑賞。半分見たところで休憩タイム。飲み物など補充して残りを鑑賞。そのあと、椅子の配置替えをやり、テーブルを出して茶話会となりました。富士見坂の景観を守る会の池本さん手づくりの「あさり飯」「サラダ」他、持ち寄ったツマミを食べながら、順に自己紹介を兼ねた、映画の感想談。時間オーバーとなる盛り上がりでした。映画館とは違い、また、自宅のテレビで見るのとも違う、鑑賞方はこれからも継続してゆきましょうということに。次回は「フェースオブワンダーの仲間達」の作品を壁に貼り、井上有一(書道家)のDVD鑑賞もして、茶話会をします。日程などは後日ご案内しましょう。

大竹誠

 

 

 

  

◉ 連続茶話会のごあんない

ガード下学会のみなさまへ

7月の「まち歩き」は、暑い最中ですので、屋内「記憶の蔵」での下記の茶話会となりました。参加される方は、

 

山本( yama.design316@gmail.com 

 

へご連絡ください。

 

この茶話会は、「障がい者アート・ワークショップ」を展開している、金子光史さんから「“障がい”ということを、“ガード下学会の皆さんは街を歩く中でどうのように捉えているのでしょうか?」との問題提起をいただいたので、では一緒に考える場を作りましょうということになり、「茶話会」を開くことになったわけです。金子さんは「ガード下の世界と障がいはどこかで通じている」とも語っています。「茶話会」は9月にも計画(ワークショップへの参加)しています。追ってご連絡します。今後は、「まち歩き」と「茶話会」を織り交ぜながらの“遊歩”をしてゆきましょう。よろしくお付き合いください。なお、「まち歩きジャーナル9号」の原稿締め切りは7月末日です。こちらもよろしくお願いします。

 

連続茶話会

第一回 718日(月曜日で海の日、祝日)

 会場:谷根千「記憶の蔵」(文京区千駄木5-17-3

集合:地下鉄千代田線千駄木駅1番出口側改札前(団子坂下方面)

集合時間:1245遅れた方は地図を参考においでください)

お題:ポーランドが生んだ異端の画家ニキフォルの生き方を描いた映画鑑賞と自由茶話会

DVD上映2時間 ニキフォルはポーランドのアールブリュットの画家。生涯、タバコの裏紙や段ボール、チョコレートの包み紙などに建物や人物像を描いて、誇り高く生きた人物です。

監督は昨年でしたか、岩波フォールで上映されたジプシーの女性詩人の生涯を描いた「パプーシャの黒い瞳」でも話題になったクシシュトフ・クラウゼ。

 参加費は500(会場費)

茶話会用にビールやウーロン茶などのドリンク、つまみを各自持参してください。

●緊急連絡は、080-1298-1294(山本)か、090-6036-1892(大竹)まで。

 

<言葉遊び"言霊祭り"のご案内>

「浅草雑芸団」を率いる友人たちの恒例の催しがあります。今回は”伊勢万歳”の村田社中も参加。他にも”金子ざん”さんの芸など盛りたくさん。是非是非!ご覧ください。
 
7月8日(金曜日)18:30開演(開場は18:00早めに席を取る方はこの時間に並んでください)
◎浅草木馬亭(浅草寺西側の奥山おまいりまちにあります)
前売・予約2,500円(zatugeidan@hotmail.co.jp03-3388-4348へお願いします。予約で当日、窓口でチケットが得られます。
 
 
7月16日には”金子ざん”さんの「抱腹絶倒一人芸」が、ART SPACE「あさくさ劇亭」であります。”ざん”さんの一人芸は絶品!
◎開演:1回目14:30 2回目18:30 
▼私もどちらかに行きたいです。行かれる方は大竹(omakoto@izu.jp)までご連絡ください。
 
 
<まち歩きジャーナル9号のお知らせ>
 
◉皆さまへ。「まち歩きジャーナル8号」は300部刷りました。残部30部あまりです。手渡しのメディアへのご協力ありがとうございました。
さて、次号「9号」の原稿締め切りを7月下旬にさせてください。これまで同様、書きたいことを書いてください。ジャンルは問いません。
◉原稿(文章、写真、絵など)は、以下のアドレスへお願いします。 「omakoto@izu.jp」または、「msugigoya@me.com
◉ページ買い取り費用は、前回同様1ページ1,500円でお願いします。
◉7月下旬締め切りで、8月中に編集作業。9月の上旬に発行したいです。
宜しくお願いします。
 
 
<7月遊歩のお知らせ> 
 
▼次回7月のまち歩きですが、暑いさなかとなります。それで、屋内での会を計画しています。「谷根千」のメンバーである山崎範子さんたちが、維持している「記憶の蔵」という場所を利用させていただいて、ポーランドのアーティスト、ニキフォルの映画(DVD)を見ながら、雑談をしたいなというものです。ニキフォルさんは、アールブリュット(専門の美術教育を受けずに独自の芸術表現をする人たち)の作家です。
▼日本で、障がい者アートのワークショップをしている金子光史さんから「ガード下の世界は、どこか「アールブリュット」とか、「障がい」というテーマと重なるのではないか?そこを話してみたい」と言われています。話の場を重ねて行きたい(「記憶の蔵」をお借りして、連続した茶話会のような)計画です。時には、ワークショップの現場訪問も考えています。
▼追って、ご連絡しますのでよろしくお願いします。
 
 

<富士見坂~谷中・千駄木~田端の巻>をアップしました!

5月28日、池本さん(日暮里富士見坂を守る会)の案内で、西日暮里〜田端エリアを遊歩しました。その様子をこちらにてアップしています。是非ご一読ください!(本文「こちら」をクリック)

 

 

◉立石鐡臣展

”麗しき故郷「台湾」に捧ぐ”

(於:府中市美術館 5月21日〜7月3日)
 

台湾で暮らし、絵を描く立石鐡臣さんは、皇民化政策の中、真逆の「民族台湾」を掘り起こします。その野帖絵、ライフワークの細密画、昆虫・植物・鉱物=宇宙幻想絵、童画など多彩な作品に触れることができます。これまで美術の世界では、表立って取り上げてこられなかった人ですが、素敵な人なのです。次男の雅夫さんも細密画の作者。彼から「台湾への旅」(彼も台湾生まれ)を誘われています。「台湾貯金」を活かせる時が来そうです。

◉ガード下学会の西田敬一さん作・演出「ディズマーダンス」(於:両国「シアターXカイ」 

6月11日、12日:14:30)
 

舞台美術を友田修さんの奥様である森洋子さん担当です。”墜落オスプレイ”を実物大ダンボールで作ったそうです。

◉チケット入手は、西田敬一さん

k-nishida@accircus.com)、

あるいは森洋子さん

yokomori@s09.itscom.net)にご連絡ください。

 
 
 
〈 5月の遊歩ごあんない 〉
 
◉「5月の遊歩の案内です」
◉日時・集合:5月28日(土曜日:今回も土曜日となります)、JR西日暮里駅改札口に13時集合です。
◉コース:西日暮里駅〜ガード下をくぐり、崖のぼりをして諏訪神社~富士見坂、三崎坂を下り、須藤公園内の崖をのぼり、本郷台地の地形を体で確認します。

そのあと、駒込蓬莱町(現・向丘)まで足をのばし、駒込病院から田端駅を目指します。最後のルートは、魯迅の弟・周作人が日本留学時代に魚釣りに行ったお散歩を再現します。
途中、長谷川利行の旧居跡、金玉均、孫文、宋教仁の遺跡を見学します。最終地点はさいはて感のある田端駅南口(長谷川利行が描いています)。

◉「小雨決行」です。
 
・参加される方は、山本浩輝(yama.design316@gmail.com)まで、ご連絡ください。
・当日の緊急連絡は、
山本浩輝(080-1298-1294 か yama.desin316@gmail.com)
大竹誠(090-6036-1892 か mmmsugigoya@softbank.ne.jp)
 
 
 
 
〈 過去のお知らせについて 〉
 
ホーム画面の表示負担を減らすため、過去の情報は他ページに移動しました。
これより以前のお知らせについては、最上部メニューバーの「リンク」内にある「これまでのお知らせ」をご覧ください。